907.452.3337 | 855.454.8094 - Toll Free [email protected]

オーロラは、北極で最大の観光アトラクションの一つとして、そして世界の偉大な自然の奇跡の一つとして認められています。毎年冬になると、万華鏡のような色とりどりの夜空を鑑賞するために、世界中の観光客がアラスカやグリーンランド、その他の北極圏の土地を訪れます。北極圏への旅行には多額を要するため、オーロラ観賞のための休暇をお考えの方は、オーロラの予報は可能なのだろうかと不思議に思われるかもしれません。

これには可能と答えることも、不可能と答えることもできます。オーロラの活動はある程度モニタリングできるものの、オーロラが特定の夜に発生するという保証はありません。これは天候や太陽の黒点の活動、その他多数の要因によって左右されます。オーロラの予測方法について詳しく学ぶには、この先をお読みください。

オーロラは予測できますか?

オーロラ・ボレアリスとも呼ばれるオーロラは、太陽と地球の大気の相互作用によって生じる現象です。太陽風 (太陽から放出される粒子) が地球の磁場に衝突すると、その効果は夜空のカラフルな縞として見えます。これは、オーロラが主に太陽活動に依存していることを意味します。太陽がより活発になるとオーロラが発生する可能性が高まり、そのオーロラは記憶に残るより鮮明なものになります。

科学者は太陽の構造における変化を調べることで太陽活動の周期を正確に特定できるようになりました。天文学者によると、太陽は、モダン極大期として知られる1世紀にわたる高い太陽黒点活動の後、2008年に活動レベルのより低い期間に入りました。「極小期」として知られるこの太陽活動周期では、地球と接触する太陽風の波が少なくなるため、オーロラが発生する可能性が低くなります。

これらのより長期間の周期に加えて、科学者たちは、太陽活動が太陽の磁場の反転のために増加したり減少する11年の周期を特定しました。現在の衰退期には、太陽風の放出が最小限になるため、オーロラが発生する可能性が低くなります。現在、太陽はこの11年周期の衰退期にあり、太陽活動の次回のピークは2025年頃に発生すると予想されています。これにより、オーロラがより稀になります。

とはいうものの、オーロラは太陽の極小期でも頻繁に発生します。つまり、太陽活動の最大期と比べれば発生する可能性が低く、規模も小さくなるという相対的な話なのです。NASAやその他の宇宙機関は、太陽活動を測定することによりオーロラ活動を監視できるツールを開発し、最大1時間前までにオーロラを予測できるようにしました。これらのツールはオンラインで無料でアクセス可能で、オーロラ探しにおける貴重なリソースです。

オーロラの予測に関係するもう一つの要因は天気です。オーロラは、雲に覆われていると上層の大気が遮られてしまうため、雲のない夜にしか観察できません。主要なオーロラ観測スポットの多くは、冬季の雲量が限られていることを第一の理由に選ばれています。曇りの日にオーロラが発生しても、雲によって視界が遮られてしまうため、オーロラを目にすることはできません。

オーロラを確実に見られるようにする最も簡単な方法は、オーロラが発生する可能性が最も高い時期と日付を選択することです。つまり、夏季の北極圏では大量の日光によりオーロラが見えないため、冬に旅行する必要があります。北極圏では8月から4月にかけて定期的にオーロラを観測することができます。オーロラの活動は9月の秋分と3月の春分の月にピークに達しますが、極北では10月から2月にかけての期間も十分な暗闇があるため、オーロラの見頃となります。

考慮すべきもう一つの要因は時刻です。オーロラの活動は、空の日光が最小限である午後11時から午前2時の間にピークに達します。多くのツアーオペレーターがこの時間帯にオーロラ観賞客を連れて行くのはこのためです。しかし、空が暗い限りはいつでもオーロラが見える可能性があります。場所によっては、オーロラを午後8時や午前8時という時間に目撃した人もいます。

とは言うものの、オーロラが特定の夜に必ず発生することを保証できる完璧な方法はありません。特定の時期・日付と適切な場所を選ぶことによりオーロラを観賞できる可能性を最大限に高めることはできるものの、その妨げとなってしまう要因はいくつもあります。ほとんどのツアーオペレーターはこの点を認めますが、同時に、北極圏に数日間滞在すれば、オーロラを見られる確率がきわめて高くなることも覚えておいてください。

まとめ

オーロラの発生には多数の条件が同時に満たされていなければならないため、それを予測するのは容易ではありません。100%の確率でオーロラが特定の夜に発生することを保証できる手段はありません。しかし、雲のない天候の理想的な観測地点を選び、オーロラのピーク時間帯に鑑賞に出かければ、北極圏への旅行中にほぼ間違いなくオーロラを見ることができるでしょう。