907.452.3337 | 855.454.8094 - Toll Free [email protected]

オーロラは、北極圏最大の観光名所のひとつです。毎年冬になると、数え切れないほどの観光客が、夜空をまばゆい色のパノラマに変え、世界のどの場所とも異なる光景を見せてくれるオーロラを求めて北への旅に出発します。オーロラの大きさと強さが多くの外的要因に依存することを考えると、このような質問が出るかもしれません: オーロラを見るのに最適な時期はいつですか?

簡単に答えると、オーロラを見るのに最適な時期は、あなたがそれを実行できるときはいつでも、となるでしょう。しかし、オーロラの見やすさや発生の頻度、大きさなどには、多数の事が影響を与えます。オーロラを見るのに最適な時期を決める方法をご紹介しましょう。

オーロラを見るのに最適な月はいつですか?

オーロラが本当に見えるのは、冬の時期と春先と晩秋のみです。オーロラは、夜間にのみ発生するためです。日中は、太陽の光に消されてしまいます。地球の傾きにより、北極の日の長さは 1 年の間で劇的に変化します。夏の間はほとんどずっと日光が当たりますが、冬の間はほとんど日光が当たらないか、まったく当たらなくなります。このため、オーロラを見るチャンスを最大限に高めるには、冬季に北極を訪問するのがよいでしょう。

オーロラを最も簡単に見ることができる正確な月は、変化する傾向があります。ほとんどの観光客は、1 月や 2 月を好みます。これは、空が最も暗く、スキーやスノーモービルなどの冬のアクティビティを楽しむのに十分な降雪がある時期です。

考慮すべきもうひとつの要因は、1 日のうちの時間帯です。北極の冬は暗いと言われますが、少なくともこの時期であれば、北極のほとんどの場所に日光が当たる時間があります。オーロラは、空が完全に暗いほうがとても簡単に見ることができます。これにより、オーロラを見る可能性が最も高い時間帯は、午後 9 時 30 分から午前 1 時になりますが、早ければ午後 4 時から、午前6時という遅くまで見ることができます。

オーロラにはクリアな空が必要であるため、効果的に見るためには雲量が少ない場所を選ぶ必要があることは当然です。ノルウェー、トロムソなどの主要な多くのオーロラ観察地は、冬の間は大量の雲に覆われるため、オーロラを見たいのであれば、そのような時期には旅行を避けたほうがよいでしょう。

オーロラについて人間がコントロールできない要因は、太陽活動です。オーロラは太陽と地球との相互作用によって引き起こされるため、太陽活動が激しい時期には、オーロラがよりはっきりと大きく見えます。オーロラは、太陽風 (太陽から放出される粒子) が地球の磁場に接触した結果だからです。

科学者たちは、太陽が 11 年周期で動くことを観測しており、その間、太陽活動は増大したり衰退します。このサイクル中に太陽活動がピークになれば、オーロラがよく見えるようになり、その強度も強くなります。太陽活動極小期 (太陽活動の低い期間) は、オーロラの出現があまり頻繁ではなく、サイズも小さくなります。科学者によると、太陽活動の次のピークは 2024 年から 2025 年頃に起こり、オーロラの出現頻度が増え、サイズや範囲も大きくなります。

また、太陽は、11 年間の太陽周期に加えて、一連の長周期で動いており、それらの背後のメカニズムは完全にはわかっていません。太陽は、2008 年に活動極小期に入り、オーロラ活動が減少する原因となりました。これは、1914 年に始まった激しい太陽活動の期間であるモダン・マキシマムとは対照的です。以前の太陽極大期と極小期と、地球へのその影響が観察されています。たとえば、中世の一連の極大期は中世の温暖期につながり、14 世紀に始まった太陽の極小期は、小氷期として知られている時代につながりました。

とは言え、何年も長く続く太陽周期と皆さんのご旅行を一致させようとすることは現実的ではありません。いくつかのセンセーショナルな記事では、オーロラは太陽活動の減少のために完全に消滅するとの主張がなされていますが、これは真実ではありません。ですから、太陽が存在し続ける限り、オーロラを生み出す現象である太陽風を放ち続けます。太陽活動の強度は異なりますが、冬季は、オーロラを生成するのに十分な太陽風が常に存在するのです。

まとめ

理想的なオーロラ観察のタイミングを選ぶことは、旅行を思い出深いものにする上でとても重要です。もちろん、良いタイミングというものはありますが、慎重に旅行を計画すれば、世界が提供している最も印象的で美しい自然の景観のひとつであるオーロラを見るチャンスを最大化することができます。もし北極光 (オーロラ) にご興味をお持ちであれば、旅を予約してご自分自身でご覧になるのはいかがでしょうか?