北極光/オーロラの撮影方法

 

北極光は世界で最も素晴らしい現象のひとつで、皆様にとってもまたとない経験となることは間違いありません。そして、威風堂々たる自然現象を見ることができる場所は、世界中でもここアラスカを含めほんの一握りです。北極光の写真は、控えめに言ってもとても印象的で、また多くの場合、それが真実なかもわからなくなるような魅力を放ちます。赤、黄、青、紫のシェードをまとった、舞うような明るい緑色の光をそっくりそのままキャプチャすることは難しいのですが、正しいツールを用意し、何をしているのかを正しく理解していれば、期待をはるかに超える結果が得られることは間違いありません。

おそらく、スマートフォンで北極光のエッセンスをキャプチャするのは困難と言ってもよいですが、しっかりと準備して正しい機材があれば、人生の中の永遠の思い出となる写真を持ってアラスカを旅立つことができるでしょう。北極光の正しい撮影方法に移る前に、まず、北極光とは性格に一体何なのか、そして、どうしてそんなに特別なのかについて見ていきましょう。

 

北極光 (オーロラ) とは?

 

北極光は、北では北のオーロラ (Aurora Borealis)、南では南のオーロラ (Aurora Australis) として知られている一連の鮮やかな色々を伴って姿を現しますが、ほとんどの人々は、華やかな緑色と関連付けているようです。最もよく観察される色は、薄い緑とピンクで、風になびくカーテン状、光線状、雲状、びっくりするようなアーク状と、さまざまな形で現れます。では、どうして北極光が発生するのでしょうか?極めて簡単にいうと、オーロラの光は、太陽大気から放出された荷電粒子が地球大気と衝突することによって生成されます。さまざまな色は、それぞれが検知される粒子と、空中での衝突の種類に基づきます。一般的に思い浮かべる緑色のオーロラは、地球から約 60 マイル (96Km) で検知される酸素分子によるものです。最も珍しいオーロラ – すべてが赤色 – は、地球から少なくとも 200 マイル(322Km) の距離にある高濃度の酸素により発生します。

また、カメラを手にして写真撮影に向かう前にもうひとつ覚えておくべきことは、北極光と太陽黒点の活動の間には非常に大きな関係があるということです。つまり、温度の変化と太陽の位置が、北極光の色や見え方に影響を与えます。フェアバンクスへのチケットを手配する前に、太陽がオーロラの見え方に与える影響について、科学者たちの意見を少し調べておくことをお薦めします。もちろん、母なる自然を予測することはできませんが、大気中でシンプルに起こっていることによる北極光の観察に適したタイミングがあります。オーロラは、北半球と南半球の両方で見ることができますが、科学者らは、地球の磁極で発生するというということを発見しています。アラスカが適しているというのはこの理由によるものです。空が澄みきって、大気の状態がすべて整えば、アラスカの居住民もビジターも、すべての人々が同じように忘れることのない体験を得ることができるでしょう。

 

北極光の撮影に最も適した時期は?

 

今までご説明してきた通り、北極光は、太陽活動と大気中の特定条件の結果として発生します。現在、太陽は活動極小期にあるため、多くの人が、オーロラの素晴らしい眺めを見るチャンスがあまりないと誤解しているようです。もちろん、完全なオーロラを体験するチャンスは少し狭まりますが、科学者たちは、毎夜ベースで北極光を見ることができると述べています。絶対にチャンスを逃したくないという真にファンタスティックなオーロラ ハンターのために申し上げますと、太陽極大期は 2024 年に戻ってきます。北極光をレンズに捉えるために 2018 年にフェアバンクスへお越しの皆さまは、9 月または 3 月あたりに旅行を計画することをお薦めします。この 2 つの月では、地球の軸が太陽に向かって傾くため、北極光を見るチャンスが高まるのです。アラスカの春は、澄み渡った空と冷たく新鮮な空気を味わうことができ、まぎれもなくお薦めのタイミングです。春には、内陸地ですら、多くの人々から北極光を定期的に見ることができたと報告を受けています。次に進む前に、いくつかのヒントをご紹介しましょう:

  • 満月とその前後一週間を避けましょう
    • この週の期間は、月明かりにより空が明るいことが多いのです
  • 快晴であれば、10 p.m. 2 a.m. の間に注意深く観察してみましょう
  • オーロラ観察に最も適した時刻は真夜中です (0 )
  • アラスカでは、北極光は、北緯 65° 70° N がピークです
    • フェアバンクスは、北緯 64° N の位置にあり、光を眺めるのに優れたスポットです
    • ○ ヒント:オーロラ ツアーをチャーター。都市部の光を逃れ、オーロラ観察に出かけましょう
  • 科学者らは、北極光をレンズに捉えたければ、2024 年まではアンカレッジおよびジュノーを避けることを推奨しています
    • 南寄りにあるこれらのスポットでは、2024 年まで続く太陽活動極小期中のオーロラ観察体験のチャンスが低くなります
  • アラスカのさらに北部に行けば、北極光を見るチャンスはさらに広がります

アラスカは、北極光を求める人々のホットスポットです。特にこの驚くべき事象をカメラに捉えたいという人にとっては。そして、フェアバンクスは、オーロラ ハントの中心と見なされています。少し北へ行く幸運とともに、このエリアのオーロラについて、本当にマジカルなことがあります。

 

北極光を撮影するためのヒント

 

さて、ここまでさまざまなことをご理解いただけたと思います。プロの写真家であっても、あるいはその目で見た世界の素晴らしい風景をカメラに捉えたいと思う初心者であっても、北極光の撮影時に心に留めておくべきことがあります。緑、赤、そして紫のねじれるような渦巻と色とりどりの息をのむようなカーテンは、絶対に忘れられない体験となるでしょう。何百万人もの人々が揺らめく光をカメラに捉えており、そしてその理由もとても分かりやすいものです。ですが、光があなたの周りを取り囲む中で空を見上げるということを、直接見たことがない人に説明するのは難しい経験です。写真を撮影してソーシャル メディアに掲載したり、あなたの愛する人々にそれを見せたいというのはとても自然です。しかし、iPhone を空に向けるよりは少し技術が必要です。北極光を真に捉えたければ、準備としっかりとした管理が必要なのです。事前の少しの調査と正しい機材があれば、オーロラの撮影は、最初に思っていたほどは難しくはないということがおわかりになるでしょう。

何よりも、北極光を探す時は、スマートフォンを家に置いてくるか、ポケットに入れておきましょう。もちろん、スマートフォンのカメラの発展は目覚ましくとても素晴らしいものですが、北極光の撮影には向きません。また、アラスカの冬の凍るような温度では、携帯電話がシャットダウンしてしまうリスクがあります。ほとんどの写真家は、DSLR または広角レンズ (10-20 mm がベスト) を搭載し、アパーチャーが f/2.8 以下で、三脚をセットアップできるようなその他のマニュアルカメラを推奨しています。天候と、そしてどのような温度になるかを念頭においてください。冬季にお越しになるなら – あるいは春であっても – 使用しているバッテリーが冷たくなりすぎて、使用できなくなる場合に備え、予備バッテリーを 1 2 つジャケットのポケットに入れて温めておきましょう。

まだ北極光をご覧になったことがなければ、期待と疑問でいっぱいでしょう。初めての方の多くから、光の特定が難しく、一生の一度のオーロラのはずなのに雲と間違えてしまった、というような報告をいただきます。もし、光が空をライトアップし始めて、ご自身で何が起きているかを判断するのが微妙であれば、カメラでスナップを取ってみるのがよいでしょう。カメラは、肉眼よりも感作性が高いので、もしそれが北極光であれば、ご自身が直に見ているよりも、はるかに緑色を捉えることができるはずです。まぎれもないオーロラであれば間違えようがありませんが、微妙な風景であれば、経験が少ないと少しトリッキーになることがあります。

 

パーフェクト ショットを手に入れるには

 

パーフェクト ショットは、どのようにセットアップするか、そしてどの機材を使用しているかにかかっています。撮影初心者であっても、三脚に DSLR をセットアップし、空に向けてシャッター ボタンを押し始めますが、ベスト画像には、忍耐と準備が必要です。また、素晴らしいフォームで光を捉えたければ、優れた広角レンズはマストアイテムです。多くの人々は、北極光を撮影しようとしたのちに、空の緑色の雲を大量にキャプチャし、がっかりとする結果になっています。可能であれば、光を目立たせ、まぎれもないオーロラを見つけることができるため、無人の建物やその他の構造物を背景に入れてみましょう。

撮影のラインナップと、オーロラを見るチャンスに備える準備ができたら、さてお楽しみの時間です!撮影には創造力をもって、そして自由にやりましょう。そうそう、北極光とのセルフィーは、絶対にやってみるべきですよ。ほんの 10 秒間シャッター スピードを遅らせるだけで、何千人もの人がフォローしてくれるインスタグラムの写真が手に入るはずです。

 

ショットをセットアップする

 

用具とあなたの準備が整ったので、カメラをセットアップする方法を見ていきましょう。UV フィルターなど、レンズのすべてのフィルターは、写真が乱雑になることがありますので必ず取り外しておいてください。パーフェクト ショットのためのセットアップについては、あらゆる写真家がそれぞれの好みをお持ちでしょうが、最も重要なひとつは露光です。露光は、多くは光と天候条件に最も依存しやすいものですが、選択肢として、カメラをマニュアルに設定し、ライブ ビュー設定を使用して光に焦点が当てられていることを確認するのがよいでしょう。ISO 800 3200 程度に設定し、アパーチャーは f/2.8 f/5.6 の間のどこかにしましょう。さまざまな意見がありますが、私たちは、真に雄大なエフェクトを得るために、多くの場合、シャッター スピードを15 20 秒にします。繰り返しますが、これらの設定は、皆さんの個人的な好みに大きく左右されますが、開始基準としては適切でしょう。また、画像の露光が高かったり低かったりした場合に調整するため、撮影しながら写真を確認することをお忘れなく。

パーフェクト ショットには練習が必要ですし、すぐに達成できるとは限りません。それでも良いのです。覚えておいてください。地球は動いている物体で、星々も同じです。アラスカの空に輝く星たちそのものが印象的ですが、オーロラに目を当ててみてください。その他のもの (星など) を一切入れずにオーロラをキャプチャするときには、異なるいくつかの流派があります。一部では、ISO をできる限り低くセットし、スター トレイルやノイズの多い写真にならないように、あまり長い時間シャッターを開いたままにしないようにと言います。しかし、また別の人は、真の場面で北極光をキャプ謝するには、ISO をできる限り高くし、シャッター スピードを上げることを推奨しています。

 

避けるべき問題点

 

雲に加え、可能であれば写真家が避けるべきいくつかの共通する問題があります。アラスカに飛び込んできた写真家にっとって、好ましくない周囲のライトは大きな問題のひとつでしょう。このライトは、画像にマイナスの影響を与えます。この理由から、フェアバンクスを出て、都市部の光から逃れるのが最適です。前にご紹介したチャーター トリップのひとつを利用するか、前景に木や廃墟などがある暗い開かれた場所にいることを確認してください。ビギナー写真家が犯しがちなもうひとつのミスは、北極光をキャプチャしようとするときに、安定性のある三脚を用意していないということです。光の撮影に少し遠出をする予定で、あまり荷物を増やした異様な場合でも、三脚と、シャッター リリース メカニズムを必ずお持ちください。これら 2 つの機材は、画像を正常に捉えるには間違いなく必要不可欠です。

北極光は、散発的かつ予測不能であるため、その撮影が最も切望される自然現象のひとつです。光がピークにある時にあなたがアラスカにいるという幸運があれば、あるいはオーロラの撮影旅行を計画しているのであれば、さまざまなシナリオに対応できるよう準備しておかなければなりません。現在は太陽活動極小期中ですが、今後数年間は、オーロラをキャプチャする多くのチャンスがまだまだあります。北極光は、太陽フレアの強さと、その頻度に大きく依存します。アラスカへ旅をする写真家として、オーロラに巡り合うためには毎晩車に飛び込む準備をしておかなければなりません。到着前に、天候を確認し、雲のパターンと次に注意を向けましょう。オーロラの撮影は不可能ではなく、実際に、準備時間をしっかりととって正しい機材を使用すれば、比較的シンプルです。北極光の撮影に成功したら、ぜひ私たちとも写真を共有してください。オーロラは、何度見た人でも、飽きるということが絶対にないのです。どうぞ楽しい撮影を!