907.452.3337 | 855.454.8094 - Toll Free [email protected]

オーロラは世界で最も美しい奇観の一つとして知られています。人類は何千年にもわたって北極で発生するオーロラを観察してきました。そして最新技術のおかげで、現在では毎年、世界中の人々がオーロラを見るために休暇で北極圏を訪れ、自分の目でオーロラを鑑賞し、印象的で多彩な光を満喫できるようになっています。しかし、オーロラ観賞のための北極圏への旅行を計画中の方は、鑑賞に最適なのはどの季節だろうかと疑問に思われるかもしれません。

オーロラには覆う雲がほとんどない暗い夜空の他、最適な観察地点が必要です。以下に、オーロラを見るのに最適な時の判断方法を解説します。

オーロラは一日のどの時間帯に見るべきか

もうお分かりでしょうが、オーロラを見るには冬の季節に北極圏に行く必要があります。日光がオーロラのスペクトルを打ち消してしまうため、日中にオーロラを見ることはできません。地球の自転軸の傾きにより、北極では年を通して日の長さが大幅に変化します。夏季にはほぼ常時白昼で、冬季にはほぼ常時暗いままです。そのため、オーロラを鑑賞できる可能性を最大限に高めるには、冬季に北極圏に訪れるのが最善です。

さらに、冬季であっても北極圏の残光を考慮に入れる必要があります。一般的に考えられている内容とは反対に、北極圏の大部分が冬季に完全に暗くなるわけではありません。北極を例外として、北極圏の大部分は冬でも数時間の昼光があります (とはいうものの、北極でも常時暗くなるのは12月の冬至の前後だけです)。オーロラを見るには、空に日光がない時間帯を選ぶ必要があります。

概して、オーロラ観賞に最適な時間帯は午後9時半から午前1時の間です。この時間帯に夜空が最も暗くなり、太陽が空から最も遠いため、オーロラを観賞できる可能性が最も高くなります。記録されたほとんどのオーロラはこの時間帯に発生しています。さらに、この時間帯は、オーロラ鑑賞地点まで日中に移動し、鑑賞後に帰宅して睡眠をとることができるという点からも最も便利です。

オーロラはこの時間帯以外にも発生する可能性があり、実際に発生していることにもご留意ください。北極圏の場所によっては、オーロラが午後4時という早い時間や午前6時という遅い時間にも観測されています。しかし、これらの時間帯には薄明が残存しているため、オーロラを観賞できる可能性は大幅に減少します。そのため、オーロラ観賞の予定は、午後9時半から午前1時の最適な時間帯に組むようにしてください。

また、オーロラは太陽の活動によって大幅に影響を受けるため、予測できないことも念頭に置いてください。太陽周期は追跡可能で、実際に追跡されていますが、太陽風 (オーロラの原因となる太陽から発せられる粒子) の量は定期的に変化しており、事前に予測することはできません。オーロラの原因となる太陽風が弱いため、特定の夜にオーロラを観賞できない可能性は十分にあります。

しかし、世界の北部の冬ではオーロラは定期的に発生する現象です。センセーショナルな一部の記事でなされている主張にもかかわらず、太陽は常に太陽風を放出しているため、太陽周期の変化に関係なくオーロラは今後も発生し続けます。冬季に少なくとも数日間北極圏に滞在すれば、少なくとも1回はオーロラを確実に鑑賞できるでしょう。

最適な時間帯にオーロラを観賞する準備として、外出前にすべきことをすべて済ませておき、十分に休息するようにしてください。また、適切な衣服を着て十分に備えるようにしてください。都市部からの光害によってオーロラが見えにくくなることがよくあるため、最適な観測地は農村部です。夜の最も寒い時間帯でも寒くならないように、厚手の服を重ね着してください。また、コーヒーやホットココアのような温かい飲み物を用意しておくといいかもしれませんが、選択するツアーによっては、運営会社がそれらを提供してくれる場合もあります。

まとめ

オーロラ観賞の旅行は複雑に感じられるかもしれませんが、実際はそのようなことはありません。何時に行くか、どこに行くか、どの時間帯に出発するかなどを考慮すれば、地球上で最大の奇跡の一つを満喫することができるでしょう。オーロラに関心がおありなら、オーロラ観賞旅行を予約してご自分でお試しになってみてはいかがでしょう?人生で得られる最も記録に残る経験の一つとなることでしょう。