907.452.3337 | 855.454.8094 - Toll Free [email protected]

オーロラは、北極で最も重要な自然のアトラクションのひとつとして認識されています。人間は、何世代にもわたってオーロラを観察し、その周りの神話や伝説を造り上げてきました。また、現代の技術のおかげで、世界中の観光客が北極を訪れ、オーロラを自分で見ることができるようになりました。北極周辺でオーロラが発生することを考えると、このような疑問が生じます: オーロラは南極大陸でも発生しますか?

答えはイエスです。ただし、「北極光、オーロラ」とは呼ばれていません。オーロラは、北極と南極の両方で発生しますが、南半球で発生するオーロラはさまざまな理由からあまり注目されていません。南極大陸のオーロラについては、こちらをお読みください。

オーロラは南極大陸でも発生しますか?

オーロラは、北極と南極で発生します。これらは、磁気圏が地球の大気と交差する 2 つのポイントであるためです。磁気圏は、北極と南極から放射される地球の磁場によって生成される保護バリアです。磁気圏の大部分は宇宙空間に向けて広がりますが、両極で大気と収束します。一般的にオーロラがそこでしか見られないのはそのためです。

北半球で発生するオーロラは「aurora borealis (オーロラ・ボレアリス)」と呼ばれ、南半球で発生するオーロラは「aurora australis (オーロラ・オーストラリス)」として知られています。まれに南極光 (サザンライト) とも呼ばれますが、このニックネームはあまり一般的ではありません (北半球のオーロラに使用される用語である北極光 (ノーザンライト) とは対照的です)。南極大陸のオーロラと北極のオーロラに違いはありませんが、いくつかの理由であまり知られておらず、またあまり観測もなされていません。

南極のオーロラがあまり一般的に観察されていない第 1 の理由は、単純なものです。人がほとんどいないのです。南極大陸は、遠隔地にあり、その極端な気候と資源不足のため、人が自然生息していない唯一の大陸である、というという理由でとてもユニークです。南極大陸に到達するには、1 年のほとんどが氷に埋もれる南太平洋を通り、危険な海の旅に乗り出さなければなりません。そこに到着するには、世界で最も寒い温度に耐えなければなりません。南極大陸のほとんどは陸地であり、北極に影響を与える穏やかな海流とは無縁であることから、実際には北極よりもはるかに寒いのです。

対照的に、北極圏には何世代にもわたって人類が住み続けています。北極圏の人口は多くありませんが、イヌイットやアリュートなどのグループは、何千年もの間、北米の北極圏で生活してきました。また、北極圏は、ロシア、フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、アイスランドなど、いくつかのヨーロッパ諸国と交差しています。ロシアのムルマンスクやノルウェーのトロムソなどの多くの北極都市は、その位置が示すよりも暖かく、より穏やかな天候で、オーロラ観測には理想的な場所となっています。

今日まで、南極大陸の唯一の住民は、観測のためにさまざまな国から派遣された科学者らのみです。つまり、オーロラ観光をサポートできるようなインフラが整っていないのです。南極大陸は、国際法の下で共同管理されています。複数の国が自由に使用でき、また、軍事活動、経済発展、大規模な定住化や植民地化を促進するその他の活動に関与することは禁止されています。

北極のオーロラと比較して南極大陸のオーロラが無視されるもうひとつの理由は、一般的に南半球の土地が少ないからです。北極は、厳密にはほとんど海氷ですが、北米とユーラシアの最北端の地域が北極圏と交差し、オーロラを見るための安全な場所を提供しています。また前述のように、北極には、継続的な人間が定住してきたという歴史があり、オーロラ観察が容易なのです。

これとは対照的に、南極大陸は、居住可能な大陸から遠く離れたところに位置しています。オーストラリアと南アメリカという2つの最南端の大陸は、南極圏の外にあります。ということは、これらの大陸の最南端の先端に行っても、北米、ヨーロッパ、アジアの最北端の先へ行くことができる北極圏と違い、オーロラを確実に見ることができないということです。オーストラリア、ニュージーランド、そしてアルゼンチンとチリのティエラ・デル・フエゴ地域ではオーロラが時折目撃されていますが、非常にまれです。

最後に、南極大陸が人類文明から遠く離れた場所にあること、そして危険な気象条件が組み合わされ、観光客として南極大陸へ訪れることに法外な費用が掛かることが一番の理由でしょう。南極大陸には、永続的に人が住んでいないことから、あらゆる種類の観光産業をサポートするために必要なインフラがないのです。一部の観光客は実際に南極を訪れていますが、非常に少数であり、北極を訪れる人々とは比較になりません。

まとめ

オーロラは北極圏に限った現象ではありません。冬の間に南極大陸へ訪れた人々も、オーロラの美しさに魅了されます。しかし、南極大陸の寒く危険な気候、人間が居住していないこと、そして世界の他の国々からの遠さにより、訪問が難しく、また費用も高額になります。この理由から、南半球で発生するオーロラは、同じ規則性で発生しているにもかかわらず、北極のオーロラよりもはるかに注目度が低くなっています。北極圏に行くよりもはるかに高価で危険であるということを理解していれば、オーロラを見るために南極大陸へ行くのをお止めするものは何もありません。