907.452.3337 | 855.454.8094 - Toll Free [email protected]

オーロラは地球上で最も壮観な自然の光景の一つで、北極圏の名物として知られるアトラクションの一つです。多彩で鮮やかな色の光で染まる夜空を目にするために、毎年、世界中からの観光客がアラスカやノルウェー、その他の北部の地域に集います。オーロラを見るのに必要な時間や費用を考慮すると、オーロラを実際に経験するには特別な機器が必要なのではないかと思われるかもしれません。

答えは、はいといいえの両方です。オーロラは肉眼でも見ることができますが、北極圏の気候は極端であるため、安全を確保するために特別な予防策を講じる必要があります。オーロラを鑑賞するために何が必要かの詳しい説明については、先をお読みください。

オーロラを観賞するには何が必要ですか?

上述の通り、オーロラは通常特別な機器を使わなくても見ることができます。大気の浸透によって発生するオーロラは、ほとんどの場合、青や緑色の光のリボンとして地上から容易に見ることができます。この冬に北極圏に旅行するなら、ほぼ確実に青や緑のオーロラを見ることができるでしょう。

赤のオーロラはそれほど一般的ではありませんが、太陽風が地球の外側の大気層にある分子を励起することによって発生することがあります。赤いオーロラが現れる距離は非常に遠く、その光を構成する要素のタイプも特殊であるため、赤いオーロラは概して肉眼では見えることはなく、特別な監視装置が必要です。赤外線および紫外線のオーロラも比較的規則的に発生しますが、これらの光線は人間の目には見えない不可視光線であるため、特殊な装置なしに観察することはできません。

より実用的なレベルでは、オーロラを安全かつ快適に干渉するには、自分自身の健康に注意を払う必要があります。オーロラは外気温が温暖でも発生するため、気温はオーロラには関係しませんが、夜空が暗くなければ見えないため、オーロラを観賞するのが冬の季節中になることは確実です。

太陽の強力な光線によって、発生したとしてもオーロラの光が遮られてしまうため、オーロラは日中には発生しません。オーロラは空が澄んでいて暗いときにしか発生しません。地球の軸は傾いているため、北極圏は1年を通して昼間の長さが大幅に変化します。北極圏の夏では暗い時間帯がほとんどなく昼間の時間がきわめて長いですが、冬はその逆で、夜の時間は長く、ほとんど昼間の時間はありません。そのため、オーロラは通常、昼光の時間が最も短い冬の時期に最もよく見えます。

さらに、冬でも北極圏の大部分には一定の日光が注いでいるという事実により、事情がより複雑になっています。一般に信じられている内容とは反対に、北極圏内で冬の間に完全に暗くなるのは北極自体だけで、その北極でさえも、12月の冬至前後の短期間にしか完全に暗くなりません。北極圏の他の部分では1日2~4時間の昼光があり、前述の通り、昼光によってオーロラが見えなくなります。

これらすべてを念頭に置くと、オーロラを観賞するのに最適な時間帯は午後9時半から午前1時となります。夜空はこの時間帯に最も暗くなり、太陽が日没と日出から最も離れています。オーロラが早くて午後4時、遅くて午前6時のように他の時間帯に見える場合も時にはありますが、上記の特定の時間帯がオーロラがもっと見えやすい時間です。

そのため、1年で最も寒い時期、かつ1日の最も寒い時間帯にオーロラ観賞のために旅することになります。この旅行に備えて、極寒から身を守るための温かい多層の服が必要になります。また、北極圏の多くの地域では冬に降雪があるため、足を濡れないように保つ良質の靴を用意することもお勧めします。ほとんどのオーロラ観賞場所は、オーロラを見えにくくする都市の光害を避けた遠隔地にあるため、このことを鑑賞体験の一環として念頭に置く必要があります。

写真に関しては、大半のスマートフォンのモデルは極寒の温度では正常に動作せず、ほとんどの遠隔の観測地点には電話やインターネットサービスがないことにご注意ください。この休暇で写真撮影を計画されている場合は、この点に留意してください。実際、多くのプロの写真家は、北極圏に旅する際に特別な機器を必要とすることがよくあります。

まとめ

オーロラを観賞するための北極圏への旅行は危険な経験ではありませんが、準備を要する旅行でもあります。オーロラの観賞におけるリスクや必要事項を理解すれば、オーロラ観賞の旅行は、確実に人生で最も心に残る体験の一つとなるでしょう。